2010年10月25日

卵管炎とは

女性の性器の炎症でも最も多いのが、細菌感染による卵管炎です。

排卵炎の主な症状は、下腹部の激痛や悪寒があります。
また、腹部に炎症が及んだ場合は、39度前後の高熱が出てしまいます。
急性の下腹痛になると、身体を動かしたときや排便、排尿時に特に強く感じます。
炎症が進むと、おりものの増加や不正出血、吐き気などの症状が見られる場合もあります。

そして慢性期の症状となると、下腹部と腰の鈍痛が残る程度で他の症状は落ち着くのですが、激しい運動や性交時に軽い下腹部の鈍痛、腰痛、牽引痛などが現れます。

急性の場合は入院加療が必要dす。
絶対安静、下腹部を冷やす、抗生物質の使用などを行うことで炎症を治します。

しかし、慢性卵管炎の場合は抗生物質だけでは治りにくいので、手術で除去します。

なるべく症状の軽いうちに病院へ行きましょう。
posted by lifeofmiracle at 18:45| 卵管炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。