2011年04月23日

カンジダ膣炎の原因

カンジダ膣炎の原因としては、
体力の低下や免疫力の低下、妊娠、
抗生物質の服用などがあげられます。

風邪や膀胱炎の治療のために抗生物質を飲んだら
数日後にカンジダ腟炎になった、というのは
よくあるケースなのです。

これは抗生物質で膣内の善玉菌まで除菌されてしまって、
本来は一定量から増えないはずのカンジダ菌が
異常増殖して引き起こされてしまうからなのです。

<マッサージで疲れを吹き飛ばしましょう>
人気の出張マッサージ店が青山にあります
リラックスできるアロマオイルマッサージを大阪で受けましょう

posted by lifeofmiracle at 15:20| ガンジダ膣炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

カンジダ膣炎の主な症状


カンジダ膣炎が発症した時の
主な症状は、おりものの異常と
外陰部や腟内の痒みです。

おりものの異常は、
ヨーグルト状や酒粕状の少し
ポソポソした状態になることが多いです。

割と特徴的なおりものが出てくるので、
カンジダ腟炎になったことがある人は、
再発したらすぐ気が付くでしょう。

また外陰部の炎症がひどくなってくると、
痒みだけでなくて
ヒリヒリした痛みを伴うようになります。

また、カンジダに感染したとしても
皮膚炎を起こすだけです。
posted by lifeofmiracle at 18:31| ガンジダ膣炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

ガンジダ膣炎とは

ガンジダ膣炎とは、カビの一種のガンジダが原因となって膣に炎症が起こることを言います。
白色でクリーム状のおりものが増えて、強い痒みがあります。
また、膣や外陰部が赤くなり腫れることが多く、さらに進行してしまうと外陰部が白くなって湿疹のようになる場合があります。

原因はカビの一種のガンジダ・アルビカンスです。
全身が衰弱する病気や糖尿病、抗生物質を大量に使用した場合に発生しやすくなります。
または妊娠中などにも発生しやすいですね。
感染する経路として考えられるのはトイレや浴室です。
当然、性交などでも感染する場合があります。

治療としては、軟膏やクリームを膣内、または外陰部に塗ることとなります。
内服剤を併用する場合もありますが、効果がないうえ治りにくくなるケースがあるので、抗生物質の長期間使用や大量使用はしないように注意する必要があります。
posted by lifeofmiracle at 16:18| ガンジダ膣炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。