2010年12月28日

乳房の異常で考えられる病気

乳房が痛いときに考えられる病気は乳腺炎です。
授乳中の女性に起こりやすく、軽い痛みと軽い発熱で発症して、1日から2日以降高熱が出ます。
この時乳房は赤く腫れます。

乳房にしこりができ、月経前に痛むときに考えられる病気は乳腺症です。
三十代後半以降に多くみられる病気で、乳がんと間違えやすいのですが、検査を受けると診断できます。
しこりのかたさ、カタチは色々で、指でつまむと触れることができます。

乳房にかたいしこりができるときに考えられる病気は線腺腫または乳がんです。
線腺腫だと痛みはほとんどなく、乳腺にできる良性の腫瘍として最も多いものになります。
乳腺の中にピンポン玉のようなものが入っているような感じです。
乳がんだと初めは痛みがなく、しこりの形が楕円形もしくは不整形であり、触るとかたいです。
しこりの表面は凸凹していて、良性の腫瘍のようにころころとは動かないのが特徴です。

乳首から血が出るときに考えられる病気は乳頭腫や乳がんです。
傷のない乳首から血性の分泌物が出てきます。
乳がんの中にはしこりがないものもありますので、血性の分泌物が乳頭から出たことによって乳がんを発見できることもあります。
タグ:乳房の異常
posted by lifeofmiracle at 16:43| 乳房の異常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。